FC2ブログ

愛知県犬山市で、江戸時代から作り続けている素朴な味わいのげんこつ飴の店。厳骨庵

株式会社厳骨庵 愛知県犬山市の素朴な味わいのげんこつ飴の店

詳細MAP
詳細MAP

プロフィール

株式会社厳骨庵

Author:株式会社厳骨庵
煮詰めた沖縄産の黒砂糖に自家製きな粉を練り込んで作ります。硬そうですが、口に入れると次第に柔らかくなりますよ。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

以下のQRコードより携帯からご閲覧いただけます。
QR

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

ついに連載開始?「今日のお客さま」 犬山厳骨庵

2010-09-05-Sun

3日の夕方にご来店下さいましたお客様は、当店のすぐそばがご実家の方でした。
げんこつ袋入りを25袋と、お手土産でしょうか化粧箱入りのげんこつをお求め下さいました。袋入りのげんこつは「ひとつずつ包んで下さい」「これから長野に行くので・・」とおっしゃいます。げんこつをひとつずつ包装紙で包みながらお聞きしていると、車山高原で開催される、ある大きなイベントに関係していらっしゃるようです。
このお客様、昔から外国の車、ことにフランスのシトロエンなどがお好き・・なのだそうで。そういえば、ご実家の車庫にはちょっと個性的な車が収まっていた記憶があります。なんでも、そのイベントの立ち上げから携わってみえたとのことで「最初は7~80人(記憶があいまいでスミマセン)位の規模で・・でも、今ではフランス好きな人々が集う大きな催しになりました」とのこと。たくさんお買い求め戴いたので「道中暑いかと思いますが、なるべく温度の上がらないようにして戴けるとありがたいのですが」とお願いすると「クーラーボックスとかありますから・・」と。(さすが~!デス)お客様をお見送りした後の私の頭は『そのイベント、どういうものかしら?』と知りたくてウズウズしていたのでした。

調べてみましたら『フレンチブルーミーティング』というイベントでした。フランス車・フランスの映画や音楽や食べ物を楽しむ祭典なんて、なんだかとっても楽しそうです。昨年は7000人規模だったそうで、車山高原のこの時期の一大イベントということなのでしょう。その第一回から携わり、ここまで続けてみえるなんてスゴイな~!と思いました。
お客様との何気ないやり取りから、知らなかった世界が開けるきっかけ(大げさ、かもしれませんが)が出来たこと、とても興味深く思ったのでした。

スポンサーサイト

CATEGORY : 今日の厳骨庵 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 月刊ケリー10月号に掲載していただきました 犬山厳骨庵 | ホーム | 『今日のお客様』シリーズ、です・・・ 犬山厳骨庵 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。